人気ブログランキング |

運転免許証

去年、海外の島へ家族でホリデーに行った。レンタカーやホテル、航空券の手配、全て私がやった。
パスポートも家族分、私が管理した。夫に自分で管理させたら一体どうなってしまうだろう、と思うと、恐ろしくてできない。彼の忘れっぽさは異常だから。今まで色々やらかしてくれたから。

空港に着いて。
私はすごい方向音痴なのだが、旅行となると、家族が私にぞろぞろ着いてくる。子供は仕方ないが、夫も私の後を着いてくる。
夫が先に「こっちだ!」とリードしてくれる事は無い。
私は案内板を頼りにレンタカー会社のカウンターを探す。あった。

運転するのは嫌なので、夫名義で借りてあった。
係の人が「じゃ、運転免許証、見せてください。」と言ったとき、内心、「やばい」と思った。
夫に「あなたは運転免許証が必要ですよ、持ってきてくださいよ。」というのを忘れたからだ。私は当然持ってきたけど。
案の定、彼は持ってこなかった。
彼名義で借りていたので、この予約はキャンセルとなり、新たに私の名前で予約を取らなくてはならなくなった。
心の中では
「海外でレンタカーで運転するんだから、運転免許証持ってくるの常識だろうが、おい!なんで持ってこねえんだ、ばか」
と思ったけれど、
「でもこいつはそういうやつだから仕方ない。長年一緒にいて、こうなる事はわかっていたのだ。私は悪くはないけど、まあ、こうなるのだ。」と結果をそのまま受け入れた。怒らなかった。文句も言わなかった。

航空会社を通して予約してあったので、航空会社に電話を入れて名義を変えねばならない。
一度レンタカーのカウンターを離れ、子どもたちの所に戻って、航空会社の電話番号を私が探した。
娘が「どうしたの?」と言った。
すると、夫が
「彼女が俺の運転免許証を持ってくるのを忘れたんだよ。」と言った。
全てを私におんぶにだっこ、それでも全部文句言わずにアレンジしてリードして、更にはこの事態にも文句も言わず誰のせいにもせず、淡々とミスを是正する為に頭と体を使っている私は、我慢の限界にきた。

私「レンタカーを借りたら運転免許証を持ってくるのは、常識だと思ったのでね。自分のは持ってきたけど、あなたのは持ってきませんでした。」
夫「でもいつも全部お前がアレンジして管理するから俺は持ってこなかったんだ。パスポートもお前が全部持ってきただろう?」
私「それはあなたが忘れんぼうだから、善意でやってあげていたんです。相手の善意を勝手にどこまでも広げて期待するのは大人としてどうなんでしょう。」
夫「でもいつもお前が全部やるから俺はお前がやってるだろうと思って持ってこなかったんだ。」
私「私はレンタカーを借りたら運転免許証を持ってくるのは常識だと思ったので、まさか、あなたが持ってこないとは、そこまでは予想できなかったのです。でも私があなたに教えて差し上げなかったのは事実です。今は航空会社に電話するのが先なので番号みつけるまで黙ってて。」

ここで、「ああ、ごめんごめん、すっかり免許証の事、忘れてたよ。ごめんな!」の一言でもあれば、全く問題の無い話なのに。
彼は全て私のせいにしないと気が済まない。

無事にレンタカーを借りられたものの、私しか運転できる人がいない。
初めての国で。
私、運転下手なのに。
山道いっぱいなのに。
しかも右側運転だよ、おい。
おまけに左ハンドルと来たもんだ。

しかも、ナビはついているものの、私は異国の見慣れぬ道路のレイアウトと左ハンドルと右側運転であっぷあっぷで、ナビをしっかり見る余裕は無い。「まっすぐ?まがるの?ここ?次?」何を聞いても、彼の言うとおりに行くと「turn around, when it's possible」の冷たいナビの声が響く。ぐるぐるぐるぐる同じ所を行ったり来たり。
そうだ。そうだった。こいつの事をあてにしてはいけないのだった。
頼りになるのは自分だけ。
そう覚悟してからは、全て私の判断で運転した。

死ぬかと思った。
が、死ななかった。
ラッキー。
無事、宿まで着いた。

私は怒りを通り越して、すごいストレスで無言だった。
運転中は、彼も身の危険を感じたのだろう、私を責めることはしなかった。
私も、その後、運転免許証の事は(表面的には)水に流した。何も言わなかった。
彼は当然、その後も謝らなかった。
疲れるんだよ、こういうのが本当に。
表面的には流せても、
なんであたしのせいなんだよ。違うだろう。ふざけんな。
と、いう思いを燻らせながら生きている。

しかし、レンタカーを借りる、って頭痛が痛い、と同じか、、、?駄目か、、、?まあいいや。

by coralcoral33 | 2019-11-06 03:11 | 不条理な言動 | Comments(0)